新居の下見は二人以上がいいといいます、なぜでしょうか?

新居の下見に行く場合、一人で行く人もいますが出来れば二人以上で行くことをオススメしめす。http://www.greatescape3.com/

新居の下見では間取の確認、コンセントなどの位置確認、収納スペースの確認、新居の建物や周辺の状況の確認をしなければなりません。これらを全て一人で行うのは大変だと思いませんか?

またこれらの事を一人で行うと必ず見落としがあるので新居の下見は二人以上で行く方がいいのです。また新婚時に新しいお部屋を借りる人が多く、独身時代に住んでいたお部屋では狭いのでもう少し広いお部屋に引っ越しをする夫婦が多くいます。

夫婦でお部屋を借りる場合、一人で勝手に決められないので二人で下見をするのは基本です。

新婚時の住まいで人気が高いのは2LDKで 広めのダイニングキッチンと寝室、もう一部屋あれば新婚生活は十分始めらます。

不動産会社のスタッフによると下見なしに契約なんてことはあり得ない事でざらにあることで 図面には小さく「原状と異なる場合には原状を優先する」となっているので、図面を見て後で図面と違っていると言っても文句は言えないそうです。

だから下見は必要になり、これから暮らす新居なので二人以上で下見に行って、後で後悔がないようにしましょう。